仕事終わりの運動はしんどい!そう感じるあなたに最適な方法を現役整体師が徹底解説!

運動はした方がいい』『運動不足で運動したい』だけど『仕事終わりに運動するのはしんどい』そう思っている人も多いのではないでしょうか?

実際に仕事が終わってクタクタに疲れている状態で運動する気はなかなか起こりません。

しかし運動は大事で、運動した方がいいと思っている人も多いので、仕事終わりでも継続して運動を続けられる方法を解説していきます。

この記事では仕事終わりに運動したいけど、しんどくてなかなかできない人に継続して運動をする方法やオススメのジムを都内で整体院を経営している現役整体師が解説していきます。

この記事を読めば、あなたも無理なく仕事終わりに運動を続けられ、健康的な毎日を過ごすことができます。

この記事はこんな人におすすめ
  • 仕事終わりに運動をしたいがしんどくてできない
  • 運動を始めていきたいが続けていく自信がない
  • 仕事終わりにサクッと運動できるジムを探している

この記事を書いているのは

  • 都内で整体院を経営中
  • ホットペッパー・Google口コミ4.9を獲得
  • 柔道整復師の国家資格保持者
  • メディカルアロマインストラクターの資格保持
目次

運動をするメリット!

そもそも運動は大事と言われていますが、具体的にどんなメリットがあるのか?本当に運動した方がいいのか?そう思っている人もいると思います。

実際に健康的な体をつくったり、健康的な体を維持したりするには運動は必要不可欠です。

さまざまな生活習慣病も運動不足が一つの原因でもあるので、運動不足と感じている人は少しずつでも運動を始めることをオススメします。

具体的な運動のメリットは大きく分けて以下の5点です。

運動のメリット5選

順番に解説していきます。

疲れにくくなる

運動を継続して行っていくと徐々に体力が付いてくるので、疲れにくい体になります。普段疲れが取れにくい人や、疲れが溜まりやすい人は元々体力があまりない人が多いです。

そのため運動を継続的に行うと、体力が付き疲れにくい体を作ることができます。

最近疲れやすいと感じている人や仕事終わりは疲れて何もしたくないと感じる人ほど運動して体力を付けましょう。

頭がスッキリする

運動を行うと頭がスッキリします。

ストレスが溜まっていたり頭がモヤモヤしたりと、頭が何となくスッキリしない日があると思います。そんな日こそ運動がオススメです。

また気持ちが落ち込んでしまった日も運動をすると気分が晴れやかな気持ちになります。

人間は頭でさまざまな事を考えて落ち込んで、モヤモヤしますが運動によって体に負荷をかけることで頭の負荷が減ります。

実際にメンタルヘルスには薬よりも運動が効果的という研究データもあるので、落ち込み気味や頭がモヤモヤする人は運動をすることによって気持ちが晴れやかになる可能性が高いです。

睡眠の質が向上する

運動を継続的に行うと睡眠の質が向上します。

運動の習慣が睡眠の質を改善することは、海外の研究で確認されている。

長期的に運動を続けることで、寝つきが良くなり、夜中に目を覚ますことが減り、徐波睡眠(入眠直後に訪れる最も深いノンレム睡眠。成長ホルモンが分泌され、細胞が修復される)が増え、全体の睡眠時間が長くなるという。

引用元:日経ビジネス

睡眠の質を向上させるには単発的な運動ではなく、継続的な運動が必要です。寝付きが悪い、そんな悩みをお持ちの人は継続して運動を始めてみてください。

免疫力が向上する

適度な運動をすると免疫力が高まり、病気に対する抵抗力が増します。

風邪を引きやすい人や、体調を崩しやすい人は運動を継続して行うことで免疫力が高まり風邪を引きにくい健康な体になります。

骨や筋肉が丈夫になり健康になる

運動をすることで骨や筋肉が丈夫になることができる。

近年健康寿命の延伸が話題になっていますが、年を重ねて寝たきりになるリスクとして最も多い原因が運動器の障害が25%と最も多い原因です。

要支援・要介護になる原因

引用元:分子科学研究室

筋肉と骨が弱ってくると転倒のリスクも上がり将来、歳を重ねたときに寝たきりの可能性が上がります。運動をすることで筋肉や骨を鍛え老後も健康的に過ごせる体を作りましょう。

運動を継続するコツ!

運動を続けたいと思っていてもなかなか継続するのが難しいですよね。特に仕事終わりの場合、疲れて運動する気が起こらないことも多々あります。

運動を継続するにはコツが必要です。自分の意思だけではなかなか継続するのが難しいのでコツをいくつか紹介します。運動を継続するコツは以下の5点です。

運動を続けるポイント

順番に解説していきます。

通いやすいジムに通う

自宅や職場から遠いジムや通勤、通学経路にジムがないと通うのが億劫になり次第にジムに行かなくなってしまいます。

通いやすいジムに通うことは運動を続けるためには非常に大切です。なかでも今オススメのジムはチョコザップです。

画像引用:チョコザップ公式HP

チョコザップ月額料金が業界最安値で、24時間通い放題のジムです。また全国にたくさんの店舗がありどの店舗も利用可能なので、あなたの行きやすい店舗に通うことができます。

さらに着替えや靴の履き替えも不要なので、ジムのウェアや靴を持ち歩く必要がないので仕事帰りにちょこっと寄ることができます。

チョコザップが気になる人は口コミをチェックして見てください。

チョコザップは全国に多数の店舗があるので自宅や職場の近くに通える店舗があるかチェックしてみてください

低いハードルで運動を続ける

高い目標やハードルを設定するよりも、自分ができる範囲で目標を設定する方が続けやすくなります。

高い目標を立てすぎると、達成できずモチベーションの低下に繋がります。自分の達成できる目標を立て、モチベーションの維持に繋げましょう。

少しでもハードルを低く始めていきたい人はこちらで詳しく解説されているので合わせてご覧ください。
▷▷社会人のための運動習慣作りのコツ|1日5分からゆるく始めよう

運動前後に軽食を摂る

仕事終わりの場合空腹で運動せずに帰宅して食事を摂りたくなります。また空腹の場合運動の効果も最大限発揮できません。

バナナやゼリーなどすぐに体のエネルギーに変わるものを摂取することがオススメです。

運動を予定に組み込む

運動を予定に組み込むことは続けるコツの一つです。いつでも行けると思ったり、その日の気分で行くか行かないかを決めてしまうと仕事終わりの疲れたときほど行かなくなります。

曜日で行く日を決めるなど、前もって予定を決めておくことで習慣化にも繋がります。

適度に休む

適度に休むことも運動を続けるためのコツです。

運動を始めたときは頑張ろうという気持ちがあるので、無理に頑張り過ぎてしまう人も多いです。無理をしすぎると続かないです。

適度に休みを作り自分の時間や運動をしない時間を作ることで、長く運動を継続することができます。

翌日に疲れを残さない方法!

仕事で疲れている状態で、運動も頑張ると当然体への疲労は溜まっていきます。

疲労の蓄積は仕事への影響はもちろん運動を続けていくモチベーションの低下にも繋がるので、翌日に疲れを持ち越さないことは大切です。

翌日に疲れを残さない自宅で簡単にできる方法は以下の4点です。

翌日に疲れを残さない方法

順番に解説していきます。

疲労回復に良い食事を摂る

疲れを翌日に残さないために、その日の食事を疲労回復に効果的なものを摂ると翌日に疲れが残りにくくなります。

特に良質なタンパク質を摂取することが大切です。プロテインや卵、鶏肉や豚肉などのお肉類、レバーなどの鉄分の多い食材。

またビタミンCは抗酸化作用があるので、フルーツなどで摂取するといいでしょう。

引用元:アリナミン

入浴する

入浴も疲労を取るためには大切なことです。

入浴にはリラックス効果があり、ストレスなどで疲れた体を休めてくれる効果があります。さらに温浴効果によって手足の末端まで血行が促進され、体の疲れを取る効果があります。

現役整体師

実際に私のお客様でも、毎日シャワーで済ませる人が湯船に浸かる日数を増やすだけで体の『疲労の取れ具合が全く違う』という声はたくさんあがってきています。

入浴剤を入れることで香りとの相乗効果でよりリラックス効果が高まるので、普段湯船に浸からずに疲れが取れにくい人は湯船に浸かってください。

ストレッチを行う

ストレッチを行うことで運動後の疲労の軽減に繋がります。

ストレッチは疲労物質の乳酸を流すので、疲労回復効果が見込めます。運動後にクールダウンとしてストレッチをするのもいいですが、入浴の後に行うとさらに効果が高まるので是非セットで行ってください。

現役整体師

実際に私のお客様にもほぼ全員に自宅でのストレッチを勧めています。日々の凝りや痛みの緩和だけでなくリラックス効果、疲労回復効果、睡眠の質向上などたくさんのメリットがあります。

睡眠をしっかり取る

睡眠は疲労回復で最も大切です。睡眠時間を確保することも大切ですが、睡眠の質を高めることも大切です。

人生の1/3は睡眠と言われているので、睡眠の質は人生の充実度に大きく関与します。睡眠で悩んでいる人で多いのは『自分に合う枕がなかなかない』という声を実際に多く聞きます。

枕選びで困っている人は、現役整体師の私がオススメの枕をいくつかピックアップしているので参考にしてください。

よくある質問

これから運動を始めたい人にオススメなジムはありますか?

これから始めたい人はチョコザップがオススメです。月額料金も安く、店舗数も多いので初心者でも始めやすいです。→チョコザップ口コミ評判

運動を続けるコツはありますか?

続けるコツはさまざまありますが、一番は無理なく運動を楽しむことです。楽しくないと続かないので、自分が楽しい範囲で運動を続けましょう。

まとめ

運動は大事だと思っていてもなかなか続かないことがあります。特に仕事終わりの疲れた状態だと運動をしようとなかなか思えません。

継続的に運動をするには運動を継続できる環境に身を置くことも大切です。通いやすいジムに行ったり、目標を低めに設定しモチベーションを維持したりすると継続しやすくなります。

運動にはたくさんのメリットがあるので、運動を習慣化して健康的な身体を作っていきましょう。無理なく続けられる範囲から続けていけば必ず体は変わっていきます。

\ これからジムに通いたい人必見 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内で整体院を経営
整体×アロマといった新しいジャンルの整体を提供!
国家資格の柔道整復師と
内閣府公認の民間資格メディカルアロマインストラクターを保持

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次